17:30-18:00  としま区民センター6F 

【基調講演】ディスカッション

場所:ハレザ池袋 としま区民センター 東京都豊島区東池袋1-20-10 6Fホール (地図

Profile
登壇者/モデレーター プロフィール

*プロフィールはすべて開催時のもの
木村 誠
木村 誠 (きむら・まこと / Makoto Kimura )

フジテレビのアニメ枠「ノイタミナ」のプロデューサーとして『ギルティクラウン』『四月は君の嘘』『残響のテロル』他多数を担当。

2018年にMAPPAに入社。MAPPA入社後『ゾンビランドサガ』『どろろ』『呪術廻戦』など複数の作品を担当。現在は、『チェンソーマン』『アリスとテレスのまぼろし工場』の製作プロデューサー、また新規事業・企画営業などを担当しMAPPAの新しいビジネスも作りだす。

香田 哲朗
香田 哲朗 (こうだ・てつろう / Teturo Koda )

筑波大学工学システム学類卒業後、アクセンチュアに入社。2010年にアカツキを塩田元規と共同創業。創業期からエンジニア兼ディレクターとしてモバイルゲームの開発を牽引。取締役COOとして事業と組織の両面でアカツキの土台を整備。2014年に台湾現地子会社を代表として立ち上げ、ゲームのグローバル配信を成功させる。モバイルゲーム事業部の事業部長兼人事担当役員を経て、2018年より自社IPプロデュース事業及びアカツキライブエンターテインメントの代表を兼任。

2022年6月に株式会社HykeComicを立ち上げ、同社代表取締役に就任し、電子書籍配信事業 及び 電子コミック制作事業を展開。

数土 直志
数土 直志 (すど・ただし / Tadashi Sudo )

メキシコ生まれ、横浜育ち。、日本経済大学大学院エンターテインメントビジネス研究所特任教授。国内外のアニメーションに関する取材・報道・執筆をする。証券会社を経て、2004年に情報サイト「アニメ!アニメ!」を設立、国内有数のサイトに育てた。2016年7月に「アニメ! アニメ!」を離れる。代表的な仕事に「デジタルコンテンツ白書」アニメーションパート、「アニメ産業レポート」の執筆など。主著に『誰がこれからのアニメをつくるのか? 中国資本とネット配信が起こす静かな革命』(星海社新書)。

Support
協賛


メディアスポンサー


特別協力


ご協力教育機関

学校法人瓜生山学園 京都芸術大学
日本工学院専門学校