IMART

マンガ セッション 期間限定公開

新たなマンガ家の姿 vol.1 ベテラン漫画家が開拓する新境地 – IMART2019アーカイブ

開催日時: 18:00-20:00 としまセンタースクエア
登壇者
樹崎聖
マンガ家
こしのりょう
マンガ家
森田崇
マンガ家
モデレーター
山内康裕
マンガナイト/レインボーバード合同会社代表、東アジア文化都市2019豊島 マンガ・アニメ部門ディレクター

チケットを購入された方は動画を視聴できます。パスワードを入力してください。

様々な場面や業界に「マンガ」が進出し、多様な役割が求められてきている中、描く以外にも様々な能力をもつ漫画家のポテンシャルを活かし、新しい道に開拓にチャレンジしているマンガ家の皆さんにマンガ、そしてマンガ家自体の可能性をお聞きします。

Profile
登壇者/モデレーター プロフィール

*プロフィールはすべて開催時のもの
樹崎聖 きさき・たかし

週刊少年ジャンプ入選デビュー。2度の週J連載。SUPER JUMPで『交通事故鑑定人環倫一郎』を長期連載。アフタヌーンから『ZOMBIEMEN』『10年メシが食える漫画家入門』刊行、以後『カタルシスプラン』等多数の漫画技術書刊行。漫画元気発動計画Domix代表として10回のモーションコミックライブ開催。現在コミチで『マンガの必殺技辞典』連載中。

こしのりょう

会社員を30歳で辞め漫画家になろうとしたが、すぐにはなれずほぼ主夫に。35歳からなんとか漫画家らしくなり、十余年。『Ns’あおい』『町医者ジャンボ!!』医療漫画多め。現在は『銀行渉外担当竹中治夫』『はなうた』連載中!「居場所」を考える漫画家。プロレス、ドラマは常食。コルクラボで活動中!連載作はnoteで無料公開中。

森田崇 もりた・たかし

1973年北海道生まれ。97年、読切作品『BLESS YOU』にて第40回小学館新人コミック大賞少年部門入選。同年少年サンデー超にてデビュー。以来、主に小学館系・角川書店系・講談社系漫画誌にて 読切・連載作品を発表する。 冒険物好き・SF好き・宇宙好き・歴史好き。筋金入りのアルセーヌ・ルパンファンで、モーリス・ルブラン原作のルパン譚を忠実に漫画化した 『怪盗ルパン伝アバンチュリエ』の連載を足場に、2018年より、ルパンの魅力を広く知らしめるべく「ルパン帝国再誕計画」を立ち上げる。

山内康裕 やまうち・やすひろ

1979年生まれ。マンガナイト/レインボーバード合同会社代表。“マンガ”を軸に施設・展示・販促・商品等のコンテンツプロデュース・キュレーション・プランニング業務等を提供している。さいとう・たかを劇画文化財団理事、「これも学習マンガだ!」事務局長も務める。共著に『『ONEPIECE』に学ぶ最強ビジネスチームの作り方』(集英社)など。

Support
協賛


メディアスポンサー


特別協力