IMART

マンガセッション有料公開

マンガアプリ大座談会 Vol.2 販売とアプリ - IMART2019アーカイブ

開催日時:2019年11月16日[土]13:00-15:00 ROOM-A 
登壇者
杉山由紀子株式会社カカオジャパン ビジネス戦略室室長
南川祐一郎合同会社DMM.com EC&デジタルコンテンツ本部 電子書籍事業部 プロジェクトマネージャー 店長
柳瀬直裕株式会社ブックウォーカーサービス開発部 部長
モデレーター
菊池健IMART実行委員 / マスケット合同会社代表

チケットを購入された方は動画を視聴できます。パスワードを入力してください。

マンガ販売におけるアプリの存在感が高まっています。 アプリの世界における、ユーザー獲得、ユーザー再訪、離脱防止と、ゲームアプリで培われたノウハウが、多くマンガアプリに入ってきました。この流れはどのように出来、実際にどのようなことをしているのか?次の課題は何か、実績のある3社の方に語っていただきます。

Profile
登壇者/モデレーター プロフィール

*プロフィールはすべて開催時のもの
杉山由紀子すぎやま・ゆきこ

ピッコマサービス全般とブランド戦略、新規アライアンスパートナーの開拓、データの分析・活用に携わる。株式会社双葉社でコミックスの取次営業とマンガ編集を経て、2018年12月より現職。

南川祐一郎みなみかわ・ゆういちろう

紙の書店員からキャリアをスタートし、販売だけでなく商品企画や新規事業企画などを数多く担当。2017年よりDMM.comにて電子書籍サービスのマネージャーを務める。作家との交流も多く、社外でもマンガ新聞公式レビュアーなど様々な活動を行う、生粋の本好き。

柳瀬直裕やなせ・なおひろ

作家事務所、楽天などを経て2012年ブックウォーカー(当時角川コンテンツゲート)入社。以来BOOK☆WALKERの開発運営に従事。台灣漫讀股份有限公司(BOOK☆WALKER台湾)営運開発部長兼務。商業、同人の執筆・編集活動も行う。

菊池健きくち・たけし

マスケット合同会社代表
〈現職〉国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)委員・プロデューサー、虎の穴新規事業担当、NPO法人HON.jpアドバイザー 等
〈実績〉トキワ荘プロジェクト運営、マンガ新聞運営、京都国際マンガ・アニメフェア初年度立上事務局、同京まふ内マンガ出張編集部・京都国際漫画賞立上、等
〈専門〉マンガ関連事業立上、クリエイター支援、電子コミック、イベンター、ライティング、編集業
Twitter:@t_kikuchi

Related Posts

Support
協賛


メディアスポンサー


特別協力