about
アバウト

IMARTとは?

目的

急速に変わりゆくマンガ・アニメ業界。そのそれぞれの分野において国内外で何が起きているのか。マンガ・アニメ業界の先端で活躍するイノベーターや実務家を一同に集め、基調講演・セッション・交流会等を通じてその知見を共有し、日本のマンガ・アニメ文化産業の未来を拓くことを目的とする。

特徴

・ボーダーレスな業界横断・国内外の知見の共有
マンガ・アニメとその周辺業界、さらには国内外をボーダレスに横断することで初めて見えてくる知見を共有しあう。

・文化・芸術から産業面まで全方位的にカバーする
マンガ・アニメは、産業から文化・芸術まで多彩な角度にプレイヤーがいるが、全方位的に知見を集約することによる化学反応を起こす。

・先端の取り組みを発表・共有しあえる人材交流の場
マンガ・アニメの先端の取り組みを担う登壇者が一堂に会し、参加者も含めて交流できる業界イノベーションの場である。

主催組織

組織名 アイマート実行委員会
住所  〒112-0003 東京都文京区春日1-9-25-325
    レインボーバード合同会社内
構成員 共同委員長 土居伸彰 山内康裕
       委員 菊池健 数土直志
2023開催運営:ディレクター 中山英樹
URL:https://imart.tokyo/ 
お問い合わせ先:info.imart2021(あっとまーく)gmail.com

委員プロフィール

土居伸彰どい・のぶあき

1981年東京生。株式会社ニューディアー代表、新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター。ロシアの作家ユーリー・ノルシュテインを中心とした非商業・インディペンデント作家の研究を行うかたわら、AnimationsやCALFなど作家との共同での活動や、「GEORAMA」をはじめとする各種上映イベントの企画、『ユリイカ』等への執筆などを通じて、世界のアニメーション作品を広く紹介する活動にも精力的に関わる。2015年にニューディアーを立ち上げ、海外作品の配給を本格的にスタート。国際アニメーション映画祭での日本アニメーション特集キュレーターや審査員としての経験も多い。著書に『個人的なハーモニー ノルシュテインと現代アニメーション論』(フィルムアート社、2016年)、『21世紀のアニメーションがわかる本』(フィルムアート社、2017年)など。

山内康裕やまうち・やすひろ

1979年生まれ。法政大学イノベーションマネジメント研究科修了(MBA in accounting)。2009年、マンガを介したコミュニケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成、2020年に一般社団マンガナイトを設立し「マンガと学び」の普及推進事業や拠点営業(日本財団助成)、展示事業等を展開。“マンガ”を領域とする企画会社レインボーバード合同会社代表社員、さいとう・たかを劇画文化財団代表理事、文化庁メディア芸術連携基盤等整備推進事業有識者タスクチーム員、東京工芸大学芸術学部マンガ学科非常勤講師、日本マンガ学会監事などを務める。共著に『『ONE PIECE』に学ぶ最強ビジネスチームの作り方』(集英社)、『人生と勉強に効く学べるマンガ100冊』(文藝春秋)など。

菊池健きくち・たけし

アイマート実行委員会委員/マスケット合同会社代表 。1973年東京生まれ。日本大学理工学部機械工学科卒。商社、コンサルティング会社、板前、ITベンチャー等を経て、2010年からNPO法人が運営する「トキワ荘プロジェクト」ディレクター。東京と京都で400人以上の新人漫画家にシェアハウス提供、100人以上の商業誌デビューをサポートし、事業10周年時に勇退した。同時に、京都国際マンガ・アニメフェア初年度事務局、京まふ出張編集部やWebサイト「マンナビ」など立ち上げた。その後、マンガ新聞編集長、とらのあな経営企画、SmartNewsマンガチャンネル、コミチ営業企画、数年に渡り『このマンガがすごい!』(宝島社)の選者を務める。クリエイター支援やデジタルコミックの事業での事業立ち上げ、営業、企画、イベント、編集、ライティング等を得意とする。noteにて毎週日曜日に「マンガ業界Newsまとめ」を発信。共著『電子書籍ビジネス調査報告書2023』(インプレス総合研究所)のWebtoonパートを担当した。

数土直志すど・ただし

ジャーナリスト、日本経済大学大学院エンターテインメントビジネス研究所特任教授。メキシコ生まれ、横浜育ち。証券会社を経て、2004年に情報サイト『アニメ!アニメ!』、2009年にはアニメーションビジネス情報サイト『アニメ!アニメ!ビズ』を設立、編集長を務める。2016年7月に『アニメ!アニメ!』を離れ独立。現在は『アニメーション・ビジネス・ジャーナル』を運営。主な仕事に「デジタルコンテンツ白書」アニメーションパート、「アニメ産業レポート」の執筆など。主著に『誰がこれからのアニメをつくるのか? 中国資本とネット配信が起こす静かな革命』 (星海社、2017年)。

 

IMART2023

基調講演テーマ 「AI新時代」

2022年後半、言語生成分野ではChatGPTが、画像生成分野ではMidjourneyとStable Diffusionが立て続けにリリースされ、多くの話題を生みました。現在進行系でAIの存在感は劇的に増しており、マンガ業界およびアニメ業界においてもその波は届きはじめています。両産業の横断カンファレンスとして、IMART2023ではAIに対して両業界はどのように向き合っていくべきかについて、基調講演および複数のセッションにてとりあげさせていただます。

 

アーカイブ視聴チケット

第4回 国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima ( IMART 2023)

全プログラム アーカイブ視聴チケット

詳細は、以下のお申込みサイトをご確認ください。
         

 

開催概要(終了しました)

日程:2023年11月24日(金)~26日(日):3日間
形式:基調講演・セッション・ピッチ(計20本)
参加料: オンライン3日券:5000円 
    オンライン参加券には、アーカイブ視聴料も含む

実施会場:池袋サンシャインシティ

 11/24 【リアル開催】基調講演&業界交流会 
 11/25 生配信 & 録画配信
 11/26 録画配信
 12月〜2024年10月31日 アーカイブ配信

 

主催・共催

主催:アイマート実行委員会
協力:豊島区
会場協力:株式会社サンシャインシティ

ディレクター・プロデューサー

運営ディレクター:中山英樹(ワクワーク)

協賛企業(順不同 11月21日現在)

株式会社小学館、株式会社講談社、株式会社集英社、株式会社KADOKAWA、株式会社フジテレビジョン、株式会社ブックリスタ、株式会社セルシス、株式会社Contents Lab. Blue Tokyo、ピクシブ株式会社、合同会社DMM.com、カルチュア・エクスペリエンス株式会社、株式会社マイクロマガジン社、GMOメディア株式会社、株式会社メディアドゥ、コミックスマート株式会社、株式会社秋田書店、株式会社アース・スター エンターテイメント、株式会社viviON、株式会社アムタス、株式会社CyberZ、株式会社白泉社、株式会社ファンギルド、コアミックス株式会社、株式会社ナンバーナイン、NTTソルマーレ株式会社、and factory株式会社、株式会社ブックウォーカー、株式会社Minto、株式会社 ギーク ピクチュアズ 、株式会社LOCKER ROOM、株式会社MUGENUP、LINE Digital Frontier株式会社、株式会社オレンジ、株式会社朝日新聞出版、株式会社アスラフィルム

【メディアスポンサー】アニメアニメ、KAI-YOU、電ファミニコゲーマー、、GAME Watch、ドキドーキ!

 

 

キービジュアルのご紹介

今年度の基調講演のテーマ「AI新時代」にあわせて、FLAT STUDIO所属のARTMOSPHEREにイベントのキービジュアルを制作いただきました。

<FLAT STUDIOからのイラスト制作にあたってのコメント>

今回、キービジュアルを担当させてもらいましたARTMOSHERE(FLAT STUDIO)の善養寺です。

『AI新時代』

このテーマを聞いた時、最初に近未来の都市などが頭に浮かびました。

ですが、そのまま表現するだけでは面白味がないと思い、自然の中に立つヒューマロイドという設定にしました。

キービジュアルなのでヌケ感を意識しました。森を抜け新しいステージに向かう雰囲気をイメージして構図を決めています。

Support
協賛


メディアスポンサー


特別協力


ご協力教育機関

東京/大阪アニメーションカレッジ専門学校

東京工芸大学

日本工学院専門学校